金利が上がる可能性について|引っ越し費用が足りない

金利が上がる可能性は少ない

ほんの少し前に話題になった話なのですが、貸金業法が法改正により金利が上がるのではないかとのうわさがありました。
これは、まだ案の段階ですので、実際に法案として提出されてはいませんが、その案の内容には金利は今の上限の年20%から
最大で年29.2%にまで増やす
というものでありました。
 この案については消費者金融業界からのコネクションで、議員に働きかけがあったのではないかと言われていますが、
この件がもし実現するとなると、消費者の負担はさらに増えて、自己破産などの件数が増えるのではないかとの懸念がされています。

 

 ただ、現在の経済状況や経済成長とかをかんがみると、金利をこれからあげるというようなことは難しいでしょう。
既に時代は低成長であり、高額な金利を支払えるほどの収入の増加は期待できないからです。

 

 ですので、もし法案が出ても、金利が上がったりするリスクは少ないと判断されます。
この案も話の進展も兄ことから、法律になるまでの期待も少ないと考えられます。