アメリカと日本の金利について|引っ越し費用が足りない

日本の金利とアメリカの金利は真逆にある

金利というのは日本では、銀行系のカードローンのよようにおおよそ信頼性の高い所で借入をしますと
金利が安く
、逆にだんだんと信頼性が低く経営規模も小さいようなところでお金を借りるとなりますと金利が高くなっていくというような感じで
金利が設定されているものです。

 

確かに、資金も設備もある方が人も集めやすいですし、多くの人からお金を集められれば、一人分が少なくても十分にお金がたまります。

 

ですが、アメリカでは日本とは違っています。
アメリカでは日本では信頼が低いというような会社では金利が低く
逆に銀行のような信頼性の高い所では、金利が高いという日本とは真逆の状況になっています。

 

これにはちゃんとした理由があり、しっかりと信頼ができるようなところでお金が借りられるということは、
それだけ情報管理やひどい取立がないといった安心感が得られるのであり、その安心感などがあるからこそそこに高い金利が
課せられてもいいのであるという理由があるのです。