引っ越しの費用が足りない!どこで工面したらいい?

引っ越し費用が足りないときに!

 

引っ越しをしようと思っても、引っ越しの費用が足りないということはよくあるものです。
引っ越しにかかる費用は高いもの。
少しの荷物でも数万かかる場合もあるので、事前に引っ越し費用を見積もっておいた方がよさそうです。
では直前になって引っ越し費用が足りないとわかった時はどうするのかというと、キャッシングを利用するという手があります。
最近のキャッシングは即日融資も可能なので、直前にお金がいることがわかっても安心ですよ。
当サイトではおすすめのキャッシング会社も紹介しているので、お金が足りない時はチェックしてみてくださいね。

引っ越し費用が足りない時に申し込みたいキャッシングランキング

 

 

引っ越し費用足りない1位アコム

即日融資のアコム

引っ越し費用が足りない時も安心なアコム!

知名度の高い大手の会社だから初めてでも安心ですし、即日融資ももちろん可能。
また初めての場合は30日間金利が無料になる無利息サービスもご利用いただけます!
申し込みはネットからできますので、忙しくても気軽にさっとできますよ!

 

アコムのおすすめポイントは?

  • 引っ越し費用が足りないなどの急な出費でも即日融資で安心!
  • 初めてなら無利息期間のついたサービスを利用できる!
  • 忙しくてもネットから24時間申し込みOK!

 

>>アコムの公式サイトはこちら!

引っ越し費用足りない2位アイフル

アイフル

引っ越し費用を少し補填したいというときには、アイフルも便利です!

審査は最短30分で、当日融資も可能なキャッシング会社ですので、お急ぎの方にお勧めです。
カードの受け取り方法を選べるサービスもありますので、よりご利用しやすくなっています。

 

アイフルのおすすめポイントは?

  • 当日融資も可能なので急な出費にも対応可能!
  • 配達時間を選べるカード受け取り!
  • 女性向けサービスあり!

 

>>アイルの公式サイトはこちら!

引っ越し費用が足りない時はキャッシングがオススメ

 

「突然転勤することになって会社からは引っ越し費用の一部しか補助されないし、費用が足りないな」
なんてことが起こる可能性があります。

引っ越し費用が足りない

引っ越しに必要なのは引っ越し費用だけではありません
新しい家具や家電を購入したり、部屋を借りる場合には敷金、礼金なども必要です。

 

そんな時に親族や知人からお金を借りる方法はありますが、万が一返せなくなってしまった時の
トラブルを避けるためにぜひ利用したいのが「キャッシング」です。

 

銀行や消費者金融などの金融機関から利息を払ってお金を借りることを意味します。
どこの金融機関でも申し込みの時に使用目的を聞かれる可能性はありますが引っ越し費用に使うことは悪いことではありません。

 

突然の引っ越し

もし使用目的を聞かれるのが嫌であれば銀行カードローンや消費者金融で「フリーローン」という使い道が自由なサービスが用意されています。

 

もちろんキャッシングに申し込みをした際には審査が行われ、通過しないとお金を借りることはできません。

 

キャッシングを初めて利用し、安定した収入のある人であれば審査に通る可能性は高いですが
「過去に債務の返済に3か月程度延滞したことがある」
「債務整理を行った」
など審査に通りにくい要因がある場合には利用する金融機関選びには注意しましょう。

引っ越し費用が足りない時にどれぐらい借りればいいの

引っ越し費用はいくら必要

キャッシングを利用すると利息を支払う必要があり

できるだけ借りる金額は最小限に抑えたいものです。
引っ越しの費用が足りない時にはどれくらいお金を借りればよいのでしょうか?

 

もちろん家族構成や新しい家の間取りによって費用はかなり違ってきます。

 

まず新居を購入した場合、住宅ローンを利用する際には別途検討が必要です。
引っ越し費用について例えば大人2人、子供2人の4人家族の場合は近い距離(200km未満)でも20万円程度、遠距離(200km以上)になるとその倍程度は必要です。

 

単身で引っ越しの場合はこの1/10程度は見ておいたほうがよいでしょう。

 

引っ越し費用一括見積を利用

インターネットでは様々な引っ越し業者に一度に見積もりすることができるサイトがありますのでぜひ利用し、引っ越し費用の目安にしてみてください。

 

これらに加えて家電や家具も必要です。
単身でテレビ、冷蔵庫、洗濯機など最低限の家電とソファーや机を購入するだけでも最低で10万円程度は見ておいた方がよいでしょう。

 

 

更にもし今賃貸住宅に住んでいる場合は退去時にクリーニング代や部屋の鍵交換代、更に新しい部屋を借りる場合の敷金、礼金はもちろんのこと、2か月程度の家賃が必要な所もあります。

 

これらを事前に自分で見積もりを立ててから申し込みを行うことをおすすめします。